借入とは

借入とは、お金を借りることを意味しており、主に機関からお金を借りる場合に利用されます。人からお金を借りる場合には使わない言葉なので注意しましょう。

実際に借入する場合、借入の教科書.jpで紹介されているような消費者金融や銀行で利用できるよう登録する必要があります。消費者金融であれば、個人情報に加え、収入や勤務先情報を伝えることで審査を通過し、借入可能金額が決定されます。

その範囲内であれば、いつでも借入することができます。何より、専用のATMを利用する必要はなく、近くのコンビニのATMでも利用することはできます。銀行の場合は、口座を開設する際に、カードにキャッシング機能を付けてもらうことで借入できるようになります。ただし、借入可能金額は消費者金融よりも低くなっているので注意です。

借入とはお金を借りることを意味していることから、必ず返済しなければなりません。だから、借入する前に必ず返済計画を立てておくことが必須となります。毎月定められた返済額を支払っていくことになりますが、それでは利息を多く支払うことになるので得策でありません。

利息を軽減し、さらに返済期間を短縮するには、1度の返済額を多目にすることしかないので、生活が苦しくならない範囲で多目に返済するようにしましょう。注意として、返済するために別で借入することはNGとなります。これでは別で返済問題が発生し、余計に利息を払うことに変わりないので、お金を借りる事無く返済することが大切です。