借入金利とは

銀行カードローンや消費者金融キャッシングの借入金利はどのようにして決まるのでしょうか。借入金利は、銀行カードローンや消費者金融にとっては、収入源となりますので非常に重要です。できるだけ多くとりたいというのが本音ですが、かと言って、業者間の競争もありますのでむやみに高くすることもできません。現実的には、貸し倒れリスクをにらみながら、できるだけ高い金利を適用しているというところです。

消費者金融などの貸金業者の場合には、資金調達方法が一般企業と同様なので、銀行融資や大手の場合には資本市場から調達したりしていますが、銀行に比べると資金調達にコストが掛かります。また、属性の良い人の場合には、銀行カードローンに流れがちなので貸し倒れリスクも高くなる傾向にあり、従って、適応金利は高くなるということになります。

消費者金融などの場合には、ただでさえ高金利にならざるを得ないうえに、総量規制まで適用されますので、銀行と比べると非常に不利な状態で業務を行っているということになります。これに対して、銀行カードローンの場合には、低コストでの資金調達が可能ですので、消費者金融などと比べると低金利での提供が可能となっています。

ただし、銀行とは言っても、消費者金融並みの高い金利のところもありますので注意が必要です。また近年は消費者金融の需要が高まっており、無利息期間などのサービスにより、銀行よりお得に借りれる場合もあります。どちらが自分に合うのかを見極めてから借りるのが良いでしょう。